コラム&レポート

中山の鉱山レポート⑤ 入山準備とDrilling(さっ孔)紹介

さて今日からはいよいよ鉱山に入っていきます。
当社鉱山に入るためには、入山テストを受け、
定められた装備をしなければなりません。
rtmp://movie.jipangu.co.jp/JIPANGU/media/110728_jipangu01.mp4

まず、ご紹介するのはピット(採掘エリア)になります。
採掘の終わったピット底の映像をご覧ください。
rtmp://movie.jipangu.co.jp/JIPANGU/media/110728_jipangu02.mp4

映像中にもありましたように、
この映像はスタンダード鉱山のインターメディエイトピットになります。
深さは約50mとのことでしたが、
隣にあるフロリダキャニオン鉱山では最大の深さが300mにもなります。

次に実際に採掘を行っているピットの映像をご覧いただきます。
rtmp://movie.jipangu.co.jp/JIPANGU/media/110728_jipangu03.mp4

先ほどの映像にはポールのようなものと表現されていましたが、
発破孔を掘る手順が下の映像になります。
rtmp://movie.jipangu.co.jp/JIPANGU/media/110728_jipangu04.mp4

さて、今回からしばらく金の生産工程に沿ってご紹介していきます。
今回は全行程のうちのDrilling(さっ孔)になります。